高齢者住宅とは?

基本的な考え方として、安心・快適な生活を送るために食事の提供や必要に応じた介護の提供などを受ける必要がありますが、同じ高齢者住宅でも介護保険の使い方に違いがあることを皆さんはご存知でしょうか?

同じ入居施設であっても介護保険上の定義として【在宅定義】と【施設定義】に分かれてきます。

先ずは【在宅定義】ですが、文字通り「在宅」としての扱いになります。

施設分類としては「住宅型有料老人ホーム」「養護老人ホーム」などがありますが、この在宅定義で運営されている施設に入居した場合は、併設もしくは協力関係などの訪問介護や訪問看護といった事業所からヘルパーを派遣し、マンツーマンで介護の提供を受けることになります。

自宅で介護することと同様、必要な分だけ介護を利用しますので利用すればするほど介護保険の一割負担金が大きくなってきます。逆に全く利用しない場合には一割負担金の必要がありません。

また、福祉用具貸与や通所介護などの利用が可能な点も大きな特徴になります。

次に【施設定義】ですが、施設内で雇用された職員が24時間必要な介護を常時提供していく「施設」としての扱いになります。
施設分類としては「介護付有料老人ホーム」「特別養護老人ホーム」などがあります。

施設定義の場合、お持ちの介護認定から得られる給付点数を全て活用し入居することが前提になりますので、福祉用具貸与や通所介護などといった訪問系サービスなどに介護保険を利用することはできなくなります。

言い換えれば施設定義の場合には、訪問系で必要になると思われる設備や内容を備えていることになりますので、利用する必要性が薄いと解釈できます。
この定義の違いを十分に理解して入居の検討をする必要があると言えます。

用語集トップに戻る

共有のお願い

この記事はお役に立ちましたか?
同じように老人ホームを探している方のお役に立ちそうだと思っていただけましたら、下のボタンで共有してください。

資料請求・ご質問 来社して相談する


ページの先頭へ戻る