【ウイニングポスト10(Winning Post10)】種牡馬御三家が活躍しない世界線で世界のミホノブルボンを作ろう 1991年編:帝王 親子 3冠達成 & 主役デビュー【ゆっくり実況】

ウイニングポスト10(Winning Post10)の動画です。

ミホノブルボンの世界血統成立を目指す動画。

オマケ要素で種牡馬御三家(トニービン、ブライアンズタイム、サンデーサイレンスがいない)世界を見てみたい。

なお、騎手は柴田正人さん、横山典弘さん推しです。

調教師は大久保洋吉先生(土曜競馬素晴らしい)と戸山為夫先生推しです。二人ともスパルタ・・・。

1991年編:主役がデビューしたとはいえ、トウカイテイオーに触れない訳にはいかない年。
     またサンデーサイレンスの現役最終年となります。
     ブライアンズタイム、トニービンはお先にプライベート種牡馬で、ゆっくりしていっております。

マグニテュードは系統を確立しつつあります。

タイトルとURLをコピーしました