相場はどれくらい?外壁の漆喰のメンテナンスの費用とは?

漆喰壁は、和風・洋風の建物に問わず対応できる壁で、メンテナンスの必要もあまりないので人気です。
他にも様々なメリットがあり、昔ながらの民家や土蔵、お城などの外壁にも用いられています。

ここでは、漆喰壁のメリットや費用、メンテナンス方法についてご紹介します。

■漆喰とは?費用は高い?

漆喰とは、水酸化カルシウムや炭酸カルシウムの消石灰でできた壁のことを言います。
昔は壁ではなく、瓦や石材を接着するためや、土壁の上塗り材として使われていました。

漆喰に含まれる水酸化カルシウムには、二酸化炭素を吸収して硬くなる特徴があります。
そのため、時間が経つほど丈夫になります。

定期的なメンテナンスは必要ですが、100年以上の耐久性があると言われる漆喰壁は、施工費用が高いのがデメリットです。
施工費用は、業者や施工方法によって違いが大きいのですが1平方メートルが10000円から25000円程度です。

■外壁の漆喰のメリット

漆喰壁のメリットは次の通りです。

・洋風から和風まで様々な建物に対応できる
・防臭効果が高い
・湿度を調湿してくれるので湿気がたまりにくい
・内部が強アルカリ性のためにカビが出にくい
・耐インフルエンザ性
・防音性が高い
・防火性が高い

このように、メンテナンスが不要な理由がわかるほど、たくさんのメリットを持つ漆喰壁。
しかし、やはりデメリットもあるので、塗り替えではなく定期的なメンテナンスは必要なのです。

■漆喰のメンテナンス方法は?

漆喰壁は、壁そのものが劣化する可能性は極めて低いのですが、なんらかの影響で傷んだり、汚れてしまう恐れがあります。

そのため、日常的にチェックをしてハタキやほうきで汚れを落とすように心がけましょう。

○汚れが付いている場合
水で湿らせた雑巾で拭くか、サンドペーパーで軽くこすれば、汚れは落ちます。

○傷が付いている場合
霧吹きで水をかけてからサンドペーパーでこすります。

○手垢が付いてしまった場合
プラスチック製の消しゴムでこすって消すか、塩素系の漂白剤をつけた綺麗な雑巾で拭き取ります。

○泥が付いてしまった場合
泥を水で流すか取り除いてから、塩素系の漂白剤をつけた綺麗な雑巾で拭き取ります。

いかがでしたか?
このように業者に頼まなくても、ある程度のメンテナンスは自分でできます。
方法を間違えて、余計に汚れがひどくならないように気をつけましょう。

自分では処理ができない汚れや傷がある場合は、早い目に業者に相談しましょう。

関連記事

  1. 塗装施工の手順と期間

  2. 外壁リフォームの費用と相場

  3. 適正価格はどのくらい?

  4. 塗料の相場は?品目ごとの価格をご紹介

  5. 施工日程はどれくらい?

  6. 外壁塗装・屋根リフォームの価格を確認しよう!

カテゴリー

  1. 沖縄県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09

  2. 鹿児島県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09

  3. 宮崎県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09

  4. 大分県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09

  5. 熊本県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09

  6. 佐賀県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09

  7. 長崎県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09

  8. 福岡県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09

  9. 鳥取県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09

  10. 香川県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09