条件は3つ!レンガに合う外壁の色とは?

赤茶や焦げ茶色のレンガが貼られている建物は、洋風な上品さと独特の存在感があり目を惹きますね。
全てレンガ張りの家ではなく、全体の何割かがレンガ張りになっているデザインの家が多いです。

そんな外壁をお考えの方に、ぜひ考えておいていただきたいのが、レンガ以外の部分の外壁カラーです。
ここでは、レンガに合う外壁カラーをご紹介します。

■レンガを引き立てるカラーの条件とは?

せっかくのレンガを台無しにするような合わない外壁カラーを選んでしまわないように、ここではレンガを引き立ててくれるカラーの条件をご紹介します。

○薄いカラー
レンガといえば、赤茶やこげ茶、茶色などの濃い色ばかりですね。
そんなレンガと合うカラーは、基本的に薄いカラーです。
濃いカラーを持ってくると、レンガを引き立てるどころか、レンガの存在とぶつかり合って滑稽になるので注意しましょう。

○ナチュラルカラー
レンガ色をより引き立てるカラーは「ナチュラルカラー」です。
アースカラーということも多いですが、大地や木々、海や空の色などを指します。
レンガの質感ともマッチして、レンガの存在をうまく引き立ててくれるはずです。

○派手なカラーは×
奇抜なピンクやイエロー、オレンジなどの存在感がありすぎる派手なカラーは、絶対にレンガの色と合いません。
お互いに個性をぶつけ合って、やかましい雰囲気になります。

■レンガに合う3つのカラーとは?

レンガを引き立てるカラーの条件を踏まえた上で、レンガに合う3つのカラーとその魅力をご紹介します。

○薄いベージュ系
ベージュは、ブラウンや土色を薄くしたカラーですね。
基のカラーがレンガと似ているので、レンガと非常に合います。
控えめですが、温かみのある雰囲気の建物になります。
特に赤茶系のレンガによく合うのでおすすめです。

○薄いイエロー系
茶色系のレンガならば、薄いイエローともよく合います。
薄いイエローと合わせることで、落ち着きがありながらも明るさを強調できます。
明るい雰囲気の家にしたい人におすすめな組み合わせです。

○薄いグリーン系
ナチュラルな雰囲気を大事にしたい人には、薄いグリーンがおすすめです。
茶色やこげ茶などの濃い色のレンガに薄いグリーンはすごくよく合います。
温かくて優しい雰囲気の家になります。

いかがでしたか?
このように、レンガに合うカラーを理解しておけば、レンガ張りの外壁をイメージするときもスムーズに外壁カラーを選べます。
業者とも相談しながら、イメージ通りの外壁を実現しませんか?

関連記事

  1. よく知らない、金属サイディング貼り工事について

  2. 意外と重要!外壁の色選びのポイントとは?

  3. 外壁カラー選び便利ツール!家の塗装のカラーシュミレーションとは?

  4. 外壁塗装の作業手順と期間は、どれくらいかかるの?

  5. もう騙されない!塗装の工程をしっかりと把握しよう

  6. 外壁タイルを使用するメリットとデメリット

カテゴリー

  1. 沖縄県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09

  2. 鹿児島県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09

  3. 宮崎県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09

  4. 大分県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09

  5. 熊本県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09

  6. 佐賀県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09

  7. 長崎県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09

  8. 福岡県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09

  9. 鳥取県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09

  10. 香川県のおすすめ外壁塗装業者

    2019.05.09