我が家はどれかな?外壁の種類について

20853a54adf8a4223c315c76720c07cc_s

外装リフォームに関して、特に外壁の塗装を考えているという方は自分の家の外壁の素材の種類について知っておく事がとても重要です。

外壁に使用されている外壁材の種類は大きく分けて7つあります。それぞれにメリット、デメリットがあり、さらにその上に塗装する塗料にも向き不向きがあります。しかし、残念なことにどんな外壁でも定番の同じ塗料で塗装している業者が多いようです。

また、ただ塗装するだけではなく、傷みが出ていればそれに合わせた補修や修理も必要になります。自分の家の外壁にあった工事をするために、まずは現在の家の壁の種類を確認してみましょう。

 

外壁の種類

それでは外壁の種類についてご紹介していきます。ご自分の家はどの外壁材なのか照らし合わせてみてくださいね。

・モルタル壁
(塗装目安:8~10年)
砂とセメントを水で希釈し混ぜ合わせてコテで塗りつけた外壁材。下地のラス網という金網に盛り付けるため強度は高い。防火性にも強く信頼性は高いが、防水が切れてしまうと傷みは早くなる。最近の新築では採用されることは少ない。
よく起こるトラブル:モルタルの剥離、クラック(ひび割れ)、浮き、カビ等、褪色、汚れ

 

・窯業系サイディングボード(石膏とセメントなどを固めたボード)
(塗装目安:7~8年)
縦や横に貼り合わせる外壁材。表面の仕上げはタイル調やレンガ調になっていて、一見塗装の必要性は無いように考えがちだが、石膏やセメントを混ぜ合わせて作られているために強度は高いが防水が切れると劣化が早い。凍害が問題になっています。住宅で一番多い外壁材。
よく起こるトラブル:目地コーキングの割れ、ボードの反り、割れ、チョーキング(触ると手に粉が付く)、爆裂(外壁がボロボロに剥がれ落ちる現象)、褪色

 

・窯業系パネルボード(石膏とセメントを固めたボード、木質チップが入っていることも)
(塗装目安:8~10年)
パネル状の外壁材。目地と呼ばれるつなぎ目のコーキングが少ないため傷みは少ない。素材は石膏とセメントを混ぜ合わせたものが多いため強度は高いが、水を吸いつけると弱い。木質チップなどが含有するものは耐久性も高い。
よく起こるトラブル:ボードの反り、割れ、爆裂、褪色

・トタン壁(普通の板金やガルバニュウム鋼板など錆びにくいものも有)
(塗装目安:8~10年)
金属素材のサイディングボード。金属素材なので防水性は抜群。美観や断熱性の問題を気にしなければ耐久性の高い外壁材。
よく起こるトラブル:サビなどの腐食、風による浮き、褪色

・金属系サイディングボード(スチールやアルミなどの金属板)
(塗装目安:10~15年)
金属鋼板の裏側に断熱材が付いておりそれが強度を補っている。スチール系やアルミ系など種類はいくつかあるが、軽くて耐久年数が長い。手入れが少ない外壁材。
よく起こるトラブル:スチール素材の場合サビや褪色、アルミ素材は柔らかいので注意

・ALCボード(エアーライトコンクリートの壁、ビルなどによく使われる)
(塗装目安:10~15年)
コンクリートを軽石のように作り、軽量化させた外壁材。強度は非常に強いが長期間放置しておくと凍害により内部からボロボロになる。手入れが遅くなると再塗装は不可。
よく起こるトラブル:クラック(ひび割れ)、爆裂、褪色

・コンクリート壁(エアーライトコンクリートの壁、ビルなどによく使われる)
(塗装目安:15~20年)
最も強度は強いが古い建物だと水が内部を廻って専門的な改修が必要になる。
よく起こるトラブル:クラック(ひび割れ)、爆裂、内部鉄筋の爆裂

 

まとめ

今回は外壁リフォームの際に注意すべき素材の事についてご説明しました。外壁と言ってもこれだけの種類がありますので、自分の家がどの素材なのかを理解した上でメンテナンスの時期を考えてみて下さいね。

関連記事

  1. 外壁塗装はどのくらいもつ(=耐久年数)?

  2. 外壁塗装はどのくらいもつ(=耐久年数)?

  3. 外壁タイルを使用するメリットとデメリット

  4. もう騙されない!塗装の工程をしっかりと把握しよう

  5. よく知らない、金属サイディング貼り工事について

  6. 屋根塗装の種類