外壁塗装前にやってみよう!自分でもできる外壁診断

1cf8b06fdae6165f5aec578a7e5f1aee_s

 

外壁のリフォームは色々と自分で考えていかないと、失敗しやすいリフォームです。

業者に上手く丸め込まれて、自分の思い描いた完成とは程遠いものになってしまうかもしれません。
自分がこれからも住んでいく大切な家守るためにも、外壁リフォームについて学んでいきましょう。

 

◆外壁の傷み診断

毎日何気なく目にしている自宅の外壁ですが、意外にも家をぐるりと一周しっかりと見ることなどほとんど無いものです。
久しぶりに見てみると、いつの間にか傷んでいたということもよくあります。

ここでは誰が見ても分かる、外壁の傷みのシグナルになる症状をご紹介します。

あなたの家でも次のような症状が出ていないか確認してみて下さいね。

 

・クラック

はじめはヘアークラックと言って髪の毛ほどの細かいひび割れが発生してきます。
これを放置しておくと、太くなっていき壁内に水が廻るようになってきてしまいます。
窓のまわりや建物の隅から発生しやすい症状です。

 

・褪色

いわゆる色あせの事です。
外壁の塗装は紫外線劣化により年々白っぽく色あせていきます。
同時に塗膜の防水が切れてしまっています。
濃い色のものほど褪色しやすい傾向にあります。

 

・外壁材の浮き・反り

窯業系のサイディングやパネルボードなどは吸水性があるので、塗膜の防水が切れてくると、水を吸ったり乾燥したりを繰り返しているうちに浮き上がって反ってきてしまいます。
ひどくなるとボード自体が割れてきてしまいます。

 

・チョーキング

外壁を触ると、手に白または黒っぽい粉が付く現象を言います。
褪色と同じく紫外線劣化により塗膜が粉をふいてきます。
チョーキングが起きてくると光沢も大きく損なわれてしまうため、カビ汚れによる汚染も進んでしまいます。

 

・カビの発生

青カビ・黒カビ・赤カビなど色々なカビの種類がありますが、塗膜の防水性が失われてくると雨水などを含み常に湿っている状態になります。
よくあるケースとしては、緑色や黒色のカビが発生します。
これが外壁の傷みに繋がってしまいます。

 

・爆裂

寒冷地に多い凍害の症状です。
窯業系の外壁材は冬期に吸い込んだ雨水が内部で凍結を起こし、素材自体を侵してしまいます。
外壁がボロボロに剥がれ落ちてくる状態になってしまいます。
窯業系の外壁材は爆裂の症状が出てくると、再塗装は難しくなります。
金属サイディングを上から貼る工事やサイディングを貼りかえてから塗装するなどの検討が必要になってきます。

 

・サビによる腐食

金属系外壁材はサビによる腐食に注意が必要です。
真っ赤に錆びてくると再塗装しても素材を侵しているのできれいに仕上がりません。
赤サビの前段階の白サビの段階でサビ落とし(ケレン)をした後、再塗装することをおすすめします。

 

・コーキングの劣化

サイディングボードは目地やつなぎ合わせ部分がコーキングにより処理されています。
このコーキングは、早いものは5年くらいで収縮して隙間が出てきます。
劣化が始まれば雨漏りに繋がりますので、隙間が出てきたらコーキングの打ち替えが必要です。

 

◆まとめ

様々な外壁の傷みについてご紹介しましたが、このような傷みは出ていなかったでしょうか?
見方が分からないとか、見ていても判断がつかないという方も多いかもしれません。

 

外壁は傷んでしまってからでは、無駄に大きな工事費用がかかってしまいます。
人間の体と一緒で、病気になってから対処するのではなく、「予防」という考え方が必要です。
ひどくなってからの対処療法になる前に、必要であればプロに定期的に点検してもらうことも大切かもしれません。

 

しかし、これらの症状に関しては、ご自身で確認して事前に心づもりをしておくことが外壁リフォームを成功させるポイントの一つです。
分からないと思って突然営業にやってきた業者の言いなりにならないためにも、知識を身に着けておきましょう。

関連記事

  1. 金額だけじゃない!屋根の葺き替えについて

  2. 外壁塗装をする時期

  3. 知っておこう!外壁リフォームの種類について

  4. 外壁塗装で人気の色とは?失敗しない色選び

  5. 条件は3つ!レンガに合う外壁の色とは?

  6. 外壁を塗り替える本当の目的