失敗したくない!外壁の色選びについて

tanosimi

 

外壁リフォームする際、外壁の色を選ぶ事は一番の楽しみでもあり、また難しいところです。
小さなサンプル見本の中から、自分の家にベストな色を選ぶということは至難の業です。
お勧めの方法は、ご近所などで自分好みの色の家を探すこと。
実際に使われている色を見て決めるのですから間違いがありません。

 

色選びのポイント

専門の人間がその家を見れば、遠目からでもどの色を発注すればよいか簡単にわかります。
「あそこのあんな家のような外壁にしたい」と相談してみてください。
色見本だけで決めてしまうと、下記のような問題が起こる場合があります。

 

1.紙見本は実際の色と見え方が違う
2.同じ色でも家の外で見ると全然違って見える
3.光沢のある塗料は太陽の光があたると反射で明るく見える

 

業者の持っているカラーサンプルは、本当に沢山の種類があります。
同じ色の系統でも何種類もの色があるのですが、どれも違う色なのです。
カラーサンプルは小さいため、人間の目の構造の関係で濃く見えます。
ですから、実際に外壁に塗ってみると明るく感じる事をしっかり覚えておいてくださいね。

希望の色候補が沢山あり、どうしても絞りきれない場合は、大きめのサンプル見本を業者に作ってもらいましょう。
工事が終わってから、「やっぱり色を変えてほしい」と業者に話してもトラブルの元になり、また、やり直し費用もお客様の負担となってしまいます(お客様が決めた色という事なので)。
後悔の無いように納得するまで選びましょう。

 

カラーシュミレーション

現在はパソコンやipadでカラーシュミレーションソフトを使い実際の家の画像に色をあわせる技術もあります。
Ipadのソフトはフリーソフトで無料のものもあります。
自分でダウンロードしてシュミレーションを作ることも可能です。

また、ツートンにしたい場合など、どの部分から色に変化を持たせるか考えていくのにカラーシュミレーションは最適です。
カラーシュミレーションは大変参考になります。

しかし、パソコン画像や印刷したものでは、実際の質感などは確認できません。
カラーシュミレーションで決めたイメージと実際の仕上がりの感じが大幅に違うといった問題も起きてきます。

本当に参考程度であって、画像では伝わらない質感があるということをしっかり覚えておきましょう。
それと、業者によってはカラーシュミレーションにお金がかかることもあります。
その部分はしっかり確認して下さいね。

 

その他のアドバイス

そのほかに知っておいてほしいことは、

1.希望がなければ外壁の色は白色に(白色には遮熱効果もあります)
2.思い切って前の色とは全く違う色にする(イメージチェンジ、リフォームした満足感があります)

ということです。
あまり奇抜な色にしすぎると、地域によっては条例で建物の景観に制限がありますので注意しましょう。

建物を新築する際、または土地の購入の際に建築基準法や都市計画法、地域の条例についての書類をもらっているはずです。
分からなければ、役所に確認すれば分かります。

奇抜な色は飽きが来やすい傾向にあります。
外壁塗装も予算の関係上、頻繁に行うことの出来るものではないです(お金持ちの人は分かりませんが…)。
ですから、長期的に飽きのコ来ないデザインにすることをお勧めしますよ。

 

まとめ

今回は外壁塗装の際の色選びのポイントについてお話しました。
せっかく足場を組んで、お金をかけて塗装をするのですから、後悔のない工事にしたいものです。
自分の好きな色にすることも大切だとは思いますが、色選びの場合は外壁塗装を何度も見てきている業者に色々とアドバイスをもらう事をお勧めします。

信頼できる業者に出会って、素敵な外観の家にしましょう。

関連記事

  1. カラーサンプル

    外壁塗装の色選び

  2. 外壁塗装にどんなものがあるか

  3. 外壁カラー選び便利ツール!家の塗装のカラーシュミレーションとは?

  4. 外壁塗装をする時期

  5. 屋根リフォームの参考に!日本の屋根材の5種類とは? 

  6. 外壁タイルを使用するメリットとデメリット