どんな業者が安心できるの?外壁リフォームの業者について

aanshin

 

外装リフォームを行う際、見積金額や担当営業マンが誠実かどうかで判断してしまいがちですよね。

しかし、どれだけ契約時に値引きをしてくれようが、どれだけ営業マンとの人間関係が出来ていようが実際に工事をするのは全て職人です。

 

 

職人の質について

 

工事中、毎日顔を合わせる職人が挨拶ひとつ出来ない人だったらどう思いますか?
あなたのお庭の片隅にゴミを捨てたり、くわえタバコしながら仕事をしたりしてその吸殻が敷地内のあちこちに落ちていたらどう思いますか?

 

外壁リフォームをするに当たり必ず直面することとして「何をするか?」ではなく「誰にやってもらいたいか?」という問題が出てきます。
着工して、いいかげんな職人たちが仕事を始めてしまってから悔やんでもどうしょうもありません。

 

問題行動に対してはクレームをつけられても、「あいつは気に入らない」という感情や好みでのクレームはつけられません。

きっとどの会社の営業マンも、実情はどうであっても「うちは腕のいい職人ばかりだ」と自信をもって言うでしょう。

 

自分の大切な家を、大切な資金を使って工事する以上、最低限のマナーやモラルをきちんと心得た職人さんに工事してもらいたい。
職人さんの指名が出来れば良いのでしょうが、実情として初めて依頼する工事で職人を選ぶ事は出来ません。

しかし、その会社の職人がきちんとした職人かどうかを知る手立てはあります。

 

お客様に喜んでもらえるような仕上がりになるようプロとしてとことんこだわる職人さんは沢山います。
上質な職人をお客様の元へ向かわせる会社は、職人教育を徹底しているはずです。

「お客様アンケート」を実施している会社も増えてきていますので、他のお客様の評価をみせてもらうことも職人の質を見抜く材料の一つとなるでしょう。

 

 

うまい話にご注意を

 

「飛び込みの業者がモニターで格安で工事してくれると言うのだけれど」というものが外壁リフォームで一番多い相談です。
これは国民生活センターや消費者センターなどで一番多いモニター商法と呼ばれるものです。

 

悪徳業者は、一般の人が工事価格の相場を知らないことを利用して、他社と比較検討をする暇を与えません。

見積もりをしてその日のうちに家に上がりこみ、即断即決をするまで帰りません。延々と「モニターだからかなお得です」「今しか出せない条件です」「明日ではこの金額はお出しできません」とまくしたて、根負けさせてしまうのです。
相場より100万ほども高く契約されていることもあります。

 

他にも、「今、近くの現場で工事をしているので一部の工事費をタダにします」という事を言う業者がいます。
決してタダになることはありません。

見積書の上ではタダにしていても、実際には他の部分に金額が乗っています。
営業マンが口にする「タダになる」は「他で上乗せされてしまうということかも」と疑ってみることも必要なのです。

 

悪徳な業者は「うまい話」を使い、今は業績を上げていたとしても長くは続かないでしょう。

地域に根差し真摯に仕事に向き合う業者には「うまい話」など必要ありません。
一生懸命に仕事をしている会社を見極め、発注されることを願います。

 

 

業者の形態分類について

 

業者でも大きく分けて3つに分類されます。

 

1.訪問販売業者

2.個人業者

3.店舗販売業者

 

悪質な業者による被害を少しでも減らすためにご説明させて頂きたいのですが、残念なことに訪問販売による外壁リフォームでは、法外な値段で強引に契約を勧める業者が後を絶ちません。

 

とある外壁リフォーム訪問販売業者の事務所では、ズラーッと並んだ事務机の上にテレアポ(電話勧誘)用の電話が乗っているだけで、工事機材や資料、その他業務用品もありません。
従業員は営業マンと事務員のみで、現場監督や職人などの技術者は一人もいません。

 

そのような業者でアフターサービスやメンテナンスにまで責任をもって対応してもらえるかどうかは、疑問が残ります。
もちろん、一生懸命お仕事をされている訪問販売業者もあると思いますが、トラブルが多いことは頭に入れておきましょう。

 

個人業者については、会社ではなく個人の信用で成り立っているので、どんな親方なのかで決まります。

良い仕事をされる職人さんによる個人業者も多くおられます。しかし、統計上10年以内に90%以上が倒産または廃業するのが実情です。
長く安定的なサポートを希望されるのであれば、じっくりと話をした上で判断されるとよいかと思います。

 

外壁リフォームをされる際、自宅での契約ではなく業者の店舗に行って打合せをしたり商談をしたりする方が安心できると言われるお客様が多いです。
営業マンがしつこく自宅に居座り契約するまで帰ってくれないというリスクを回避できるからです。
お客様がいつでも来店できるしっかりした店舗を持っているかどうかも、安心できる業者を選択する判断材料となるでしょう。

 

また、悪質な業者は、自分の会社に来店されることを極端に嫌がります。
契約前に会社の所在確認をしっかりとしましょう。

 

まとめ

今回はどんな業者に依頼するかという部分のお話をしました。
そんな業者に自分がやってもらいたいのかをよく考えて依頼して下さい。

どんな仕上がりになるかは職人の腕にかかっています。
また、どんな業者かにかかっています。
非常に重要な部分ですから、参考にしてみて下さいね。

 

関連記事

  1. 外壁塗装の窓口を利用してみました!口コミとレビュー

  2. 優良業者を見つける4つのポイントとは?

  3. 契約前にちょっと待った。注意ポイント

  4. 料金が何からなっているか

  5. 外壁塗装を失敗しないために!どんな仕事か確認しよう

  6. 外壁塗装業選びで失敗しないための5つのポイントとは?