知っておくべき!屋根素材で異なる症状を、診断チェック

yane02

 

屋根はあまり見ない部分で、傷んでいることに気づきにくい部分です。
長い間、直射日光や風雨にさらされて劣化が進んでいることもあります。

外装リフォームは「外壁」のリフォームだけを指す言葉ではありません。
屋根のリフォームで、長期にわたる耐久性を手に入れましょう。
外壁に合わせて屋根もリフォームすることをオススメしますよ!

 

 

屋根の種類

外壁だけでなく、屋根の素材にも様々なものが使われています。
それぞれに特徴があり、傷み方も異なります。
素材によって、どのような工事をするかも変わってきます。
ですから、ご自分の家の屋根の素材を知る事は非常に重要になってきます。

また、他の屋根についても知る事で、次回どのような屋根にするかを考える上で参考になる事もあります。
まずはそれぞれの屋根素材の特徴と、傷みとして出てくる症状について見ていきましょう。

 

スレート系(カラーベスト)

塗装目安:7〜8年
症状:色あせ、ズレ、割れ、サビ

代表的な屋根の一つで、石質の薄い板を使用しています。
劣化すると表面の割れや反り、屋根面の接合部の下地の腐食、板金を止めている釘の浮きが起こりはじめます。
10年以上経過すると汚れやコケが付いてきて、色あせも目立つようになるので内部に腐食が出ていないか点検をしっかりしましょう。

 

セメント系

塗装目安:10〜15年
症状:色あせ、色落ち、ズレ、割れ

セメント瓦とは、セメントと川砂を1対2〜3の割合で練り混ぜたモルタルを、型に入れて形成して塗装したものです。
紫外線・風・雨・温度変化などによって塗膜の劣化が進行すると、素材のセメントの劣化も早くなってしまいます。
もろくなってしまう前に定期的なメンテナンスが必要ですね。

 

粘土系(瓦)

塗装目安:20~30年
症状:コケ、軒先や屋根面のたわみ、ズレ、浮き、割れ

寿命が長く、色落ちなどがほとんどないのが和瓦の特徴です。
汚れがひどい場合は洗うか、部分的に交換するかの検討が必要です。
ズレや浮きがあれば、瓦を固定している屋根面の接合部の漆喰が崩れている可能性があります。
コケや雑草を放置すると根から雨水を屋根に引き込む原因になりますので、注意しましょう。

 

金属系(銅板)

塗装目安:10~20年
症状:色あせ、色落ち、サビ、浮き

サビにくい金属としては古くから使われている、最も安くて経済的な屋根材になります。
銅は緑青(ろくしょう)が出て、緑色に変色すれば、それ以降長期にわたって使用できます。
接する素材との組み合わせで劣化が早くなると言われているので注意が必要です。

 

金属系(ガルバニュウム鋼板)

塗装目安:20~30年
症状:色あせ、色落ち、サビ、浮き

アルミニュウム、亜鉛、シリコンからなるメッキ鋼板の事です。
アルミと亜鉛で鉄を守るために耐久性・防火性に優れ、積雪のある寒冷地や海岸地域、強風地域などでも使用することが可能です。
新建材で経年劣化の事例はありませんが、接合部の施工不良によるサビの発生などは出てくる可能性があります。

 

まとめ

いかがでしたか?
屋根と一言で言ってもこれだけの種類があります。

自分の家の屋根がどの屋根材で、そのくらいの耐久年数なのかをまずは理解していきましょう。
それが分かると、リフォームをする時期が大体分かってくるはずです。

注意して頂きたいことは、外壁も屋根も「傷んでしまう前」がリフォームを考えた方が良い時期になります。
酷く傷んでしまうと、その部分の補修や、ひどい時は貼り替えも必要になってきます。
その事を理解して、自分でも屋根を見てみて下さい。

ただし、屋根にのぼることは危険が伴います。安全には十分注意して下さいね。
のぼるのが心配という方は、プロに屋根診断を任せると良いでしょう。

関連記事

  1. 外壁カラー選び便利ツール!家の塗装のカラーシュミレーションとは?

  2. 外壁塗装の作業手順と期間は、どれくらいかかるの?

  3. どんな外壁にする?塗料の種類と特徴を知ろう! 

  4. 外壁塗装の適切なタイミング

  5. 外壁塗装で人気の色とは?失敗しない色選び

  6. 屋根リフォームの参考に!日本の屋根材の5種類とは?