外壁塗装の鉄則!「3回塗り」で耐久性の高い外壁・屋根に

syurui

 

外壁塗装は「下塗り」「中塗り」「上塗り」の「3回塗り」が基本となります。
どれも塗装後の外壁の美観や耐久性を左右する重要な工程になります。
それぞれの工程の役割と必要性を十分理解しておきましょう。

 

「下塗り」「中塗り」はなぜ必要なのか

外壁の塗装は下塗り、中塗り、仕上げとなる上塗りの3回塗りが基本となります。
なぜ3回塗りが必要なのかというと、下塗りは上塗りの密着力の向上、補強として大きな役割を果たします。

 

また、塗装面に厚みを持たせるために無理をして、一度に多く塗ると塗料が垂れるなどして、仕上がりに悪影響を及ぼしてしまいます。
これを防ぐためにも、中塗りは重要な作業となるのです。

 

密着性を高めるために必要な下塗り材

下塗りは上塗りを長持ちさせ、きれいに仕上げるために重要なものです。
上塗り材は耐候性、低汚染性、防カビ、防藻性などの機能を持ちますが、密着性に欠けています。
その接着剤のような機能を持つ下塗り材が必要になるのです。

 

従来は密着力のあるシーラーを下塗り材として用いて、小さなヒビ割れなどを埋めて表面を滑らかにするためにフィラーという塗料が使われてきました。
シーラーとは、下地の吸い込み防止、生地固め、あく止めを目的に使用されている下塗り材です。

 

下地と新しい塗料との密着性を高める役割を担っています。
しかし、最近では、フィラーの密着力の弱さが改良され、微細なクラック処理ができる機能面からも、下塗り材でフィラーを使用することも増えてきています。

 

同じ塗料を2度塗るのには重要な意味がある

中塗り、上塗りで同じ塗料を2回塗る理由は、塗装が「人間のする作業」だからです。
人間の手で行う作業には限界があり、かすれや薄い部分が出てきてしまいます。
2度目の上塗りをすることで、完全な外壁・屋根塗装に仕上げるのです。

 

また、塗料が乾燥すると媒介している水や溶剤が蒸発して分子結合し、塗料から塗膜に変化します。
水や溶剤が蒸発する際に穴が空くと、塗膜になってもその気泡は存在してしまいます。
これを上塗りで塗り重ねることにより、穴の位置を変えて、紫外線や雨水の影響を防ぐ効果もあるのです。

 

下塗り塗料の種類

下塗り材にも目的と用途に合わせて、豊富な種類が存在します。
最近では様々な機能を備えた微弾性フィラーが主流で使用されてきています。

 

プライマー

上塗りとの密着効果を高める接着プライマーや、鉄剤などに塗るサビプライマーなど、機能に応じた種類があります。

 

シーラー

上塗り材が下地に吸い込まれてできるムラを抑えるために、シールする役割を持っています。プライマーとシーラーは、ほぼ同じ目的の下地調整材になります。

 

サーフェサー

中間に塗ると、サンドペーパーなどで平坦化する作業を軽減します。
上塗り塗料の重ね塗りもすることが出来ます。

 

フィラー

下地の凸凹やヘアーラックを補修する場合にも使用することが可能です。

 

微弾性フィラー

最近主流の下塗り材になります。通常のフィラーよりも膜厚を付けることが可能になります。
水性で環境に優しく、クラック補修もできます。

 

状態の悪い屋根の場合

屋根の状態によっては、既存の塗膜がベラベラに剥がれてしまって上から新しい塗料を塗ってもすぐに剥がれてきてしまうという屋根も存在します。
本来であれば、そのような状態になる前に塗装をして欲しいところです。
大概は葺き替えを勧められるでしょう。

 

しかし、どうしてもそんな予算がない場合は、下塗り(サビ止め)と上塗りで仕上げる2回塗りという方法を取るということもあります。
耐久性は落ちますし、2〜3年ほどで塗り替えが必要になります。

 

とりあえず見た目がきれいになれば良く、安く済ませたいという方にはこのような方法もあります。
ただし、前の塗膜がしっかり密着していないためにすぐに剥がれてきてしまうこともあります。
理解しておきましょう。

 

関連記事

  1. シリコン樹脂塗料

  2. 色見本帳を知っていますか?

  3. 遮熱塗装

  4. セラミック配合塗装

  5. 「塗料選び=色選び」は間違い!機能性を考慮した塗料選び

  6. こんなにあるの!?塗料の種類と木部・鉄部塗装について