誰もが苦戦する!色選びの方法を押さえよう

mihon

 

外壁リフォームの悩みと言えば「色選び」でしょう。住宅にはそのデザインや建物周囲との調和などでその家に似合う色と似合わない色があります。

外壁の色は「好みの色より似合う色」で選ぶのがポイントになってきます。

仕上がりに後悔しないように、失敗しない色の探し方や選び方をチェックしましょう。

 

 

色の基本知識

サンプルから色を選ぶときはイメージする色より鮮度と明度を下げて選ぶことです。

小さなサンプルで選んだ色は大きな外壁面で見た際、数段明るく鮮やかに見えます。

 

大きめの実物サンプルを見て、試し塗りをしてもらうと、より実物も近いイメージを持てるでしょう。

大切なのは、色見本帳などで即決しない事です。

色あせもしやすい彩度の高い色や汚れが目立つ純白も注意が必要です。

 

高彩度のメリットは

・周囲の環境になじまず、騒色になる

・建物に落ち着き感がなくなる

・高級感が得られにくいことが多い

 

低彩度のメリット

・周辺の環境になじみ、優しい雰囲気に

・建物に落ち着き感が出る

・高級感が得られる

 

このような事が挙げられます。

色は低彩度を選ぶことをオススメしますよ。

 

また、地域によっては、景観法やまちづくり条例で屋根・外壁の色の関しての制限がある地域も存在します。

このような地域であまりに華美な色にしすぎると、結局落ち着いた色に塗りなおさなければいけない可能性もあります。

 

ご自分の住まわれている地域にはどのような条例があるのか、あらかじめ市役所などで確認しておきましょう。

 

土地を購入する、家を建てる際に、その地域の法令上の制限についての説明書類をもらっている方は、その中に記載があるはずですので確認してみて下さい。

 

歩いてイメージを集める

イメージ形成のヒントを集めるために、リフォーム会社に事例写真を見せてもらうことも一つの手ですが、近所を散策して他の家の色味を見て回るのもオススメです。

自分自身が「どんな家に住みたいのか」「どんな色が好みなのか」などを改めて考えるきっかけになりますよ。

 

3Dシミュレーションを使う

3Dシミュレーションとは、自宅の写真から希望するカラーイメージに近い模擬写真を作る事です。施工後のイメージを、パソコン上で事前に比較検討することが出来ます。

 

1階と2階をツートンに分けるなど、様々なパターンでのシミュレーションが可能です。急な内容変更に対応できるだけでなく、配色に関する事後トラブルの防止などにも役立ちます。

しかし、色彩の微妙な差異を正確には表現出来ないことは覚えておいて下さい。

 

色を組み合わせる

まずは、塗ることが出来ない部分や変えられない部分の色を確認しましょう。

例えば、

 

・アルミサッシ、アルミ雨戸、雨戸レール

・アルミ面格子、手摺、花台

・屋根、雨樋

・玄関ドア、玄関まわりタイルなど

・周辺の家

 

このようなものがあります。レンガの赤色やサッシ枠の白、外構などが挙げられますが、近隣住宅の色も変えることが出来ないので、鮮やかな色を検討中の方は注意が必要です。

 

自分の家のデザインや近隣住宅との兼ね合いを考えながら、細かい色調整を行いましょう。

また、屋根を塗装しない場合は、既存の屋根の色との相性にも配慮して欲しいと思います。

 

色は、外壁の種類や艶、凹凸などの影響を受けて見え方が違ってきます。

艶消し塗料は艶のある塗料に比べて、少し白っぽい仕上がりになる事や、スタッコ調の模様やサイディングの模様による影響で色が濃く感じることもあるので注意しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?色選びは、正直素人には難しい部分が非常に多いと思います。

プロでも失敗することがあるくらいです。

 

また、経験しないと分からないことも沢山あります。色選びに関しては、業者のアドバイスによく耳を傾けてじっくり選んでいきましょう。

自分の好みに合った色に近づくように、参考にして頂ければ嬉しいです。

関連記事

  1. トタン屋根用の塗料と塗り方の手順

  2. 光触媒塗装

  3. セラミック配合塗装

  4. こんなにあるの!?塗料の種類と木部・鉄部塗装について

  5. 「塗料選び=色選び」は間違い!機能性を考慮した塗料選び

  6. シリコン樹脂塗料