外壁塗装・屋根リフォーム業者選び!会社を知ろう

gyousya

 

どんなリフォームをする際にも業者選びは大切な部分になってきます。
「新しくなれば、どんな業者でも快適になるのは当たり前だ」と言う方もいらっしゃいますが、コミュニケーションであったり、ふとした時の対応であったりという部分に関しては会社によって差が出てくる部分になります。
しっかりと会社のことを知った上で、工事をお願いしていきましょう。

 

何かあったらすぐに対応してくれるか

工事途中、外壁面に見積もりに入っていない予定外の劣化が見つかったり、あるいは職人が塗りはじめた壁の色に疑問を感じたり、また、ご近所から工事のことでちょっとしたクレームが出たり、外装リフォーム工事には予期していなかった心配事が起きることもあります。

そんな時、依頼した会社がスピーディな対応をしてくれるかどうかは、大きなポイントとなります。
地元の会社でしたら、その地の利を活かして対応も速やかでしょう。
何より地元で、しかも実績がある会社でしたら、安心感も格段に違います。

 

ご近所の評判は良いか

ご近所で、外装リフォームをしている方がその評判を聞いてみましょう。
会社の信頼感、営業担当者の人柄、職人さんの具体的な仕事ぶりまで分かってきます。
いざ工事が始まると、足場設置や車の出し入れ、日々の挨拶、職人さんの動き、そして営業担当者との打ち合わせや対応など、こまごまとしたことが気になってくるものです。

そうしたことについてご近所の評判は、会社を決める上で大きな要素と言えるでしょう。

 

社長の考え方が分かる会社か

リフォーム業者を選ぶ上で大切なことの一つに、会社の姿勢を知ることが挙げられます。
その際にチェックして欲しいのが、ホームページ(ブログ)やSNS(Facebookなど)です。
特に経営理念や社長のコメント、社長が綴っているブログは会社自体の考え方がはっきりと分かるのでオススメですよ。

借りてきた言葉ではなく、社長自ら発信している言葉、社長自身の心から出た思いが読み取れるものは、その会社の姿勢を知る有効な手段となります。
社長自らが思いを発信してくれる会社は、「お客様にもっと知ってもらいたい」という心の表れですから、安心できる会社ではないかと思います。

 

常に新しい情報を発信しているか

外装リフォーム業界も競争の激しい世界です。
新しい塗料や屋根材、最新の塗装方法などが次々に開発され、現場へ導入されています。
これらの要素は、コスト削減や作業効率の向上、耐久性などに直接反映されるものです。

まさに日進月歩の世界なのです。こうした新しい情報を積極的に取り入れ、お客様へ発信しているかどうかも、会社を見分ける重要なポイントです。

さまざまな情報を常にホームページなどで公開している会社もありますが、営業担当者に直接たずねて、その会社の先進性などを確かめてみるのも良いかもしれませんね。

 

アフターフォーローは万全か

業者との付き合いは、外装リフォームが完工してからも続いていきます。それがアフターフォローです。
不具合があった場合にすぐに対応してくれて、そうした不具合を未然に防ぐべく、定期的にコンタクトを取ってくれることは、リフォームにおいてきわめて重要なのです。

地元の会社であればその密接な関係性はさらに増すでしょう。
会社のシステムとしてアフターフォローが確実に機能しているかどうかを、定期点検や保障の有無、会社のイベントなどから確認しておく必要があります。

 

まとめ

リフォーム会社の営業さん、職人さんはその会社の代表としてお客様への対応をします。
人と人との関わりという点は、基本的で当たり前のことだと思われがちですが、実は大変重要な部分になってきます。相見積を取ってみて、営業さんがどのような対応をしてくれるかで判断してみても良いのかもしれませんね。

関連記事

  1. どんな施工内容?説明はしっかりしてる?

  2. 優良業者を見つける4つのポイントとは?

  3. 塗装回数が何度?

  4. 塗料メーカーの名前が記載されているか

  5. 見積でチェックするポイント

  6. 施工には資格が必要です