外壁塗装・屋根リフォームの業者選定は人を見る!

meisi

 

良くも悪しくも、営業担当者を見ればその会社が分かるものです。

誠意のある対応、仕事への情熱を持っている営業担当者と出会えるかがリフォームのポイントとなってくるでしょう。

 

では、どのような部分で判断すれば良いか見てみましょう。

 

 

礼儀や身だしなみはきちんとしているか

工事を依頼する前に、相談や見積もり依頼でまず初めにコンタクトを取るのは営業担当者です。清潔感のある身だしなみや、挨拶や言葉遣いといった礼儀はできているでしょうか?

親しみと馴れ馴れしさは違います。

往々にしてそこを勘違いした営業担当者がいるのも事実です。

 

また、安請け合いをする担当者も要チェックです。

後から「できませんでした」と言ってくる場合は、責任感のない証拠です。清潔感のある人は自然と好意が持てますし、きちんとした印象を受けます。

「礼儀と身だしなみ」という基本的な事をチェックする事も重要な事なのです。

 

 

営業担当者はリフォームの知識が豊富か

リフォームはその家その家によって、求められるものが異なります。

既製品を提供するわけではないので、一つとして同じものがないと言っても過言ではないでしょう。そこで求められるのが担当者の知識です。

 

施主がリフォームに求めていること、予算など多角的な面を想像して提案してくれるかどうかがポイントです。

また、住宅・リフォームに関わる資格を持った有資格者がその会社にどれだけいるかも、安心の基準の一つになると思います。

 

その担当者がその場で答えられないことがあったとしても、社内で確認して連絡してもらうということも出来るでしょう。

また、今までの経験から出てくる提案というものもあると思います。

施工事例を見せてくれるかという点も判断するポイントになるかと思います。

 

 

話をよく聞いてくれるか

提案前の段階で重要なのが、施主の要望を聞き取るヒアリング力です。

思いをしっかり聞いてくれるかどうかがポイントになります。

ヒアリングシートを作って、要望に対して「なぜそれを望むのか」という理由まで聞き取ってくれる会社は、ヒアリングを重視していると言えますね。

 

理想のリフォームを実現するには、具体的に形にできない思いをくみ取ってくれるプロの存在が不可欠です。

値引きをちらつかせ、一方的な提案ばかりをしてくる会社には気を付けましょう。

 

 

時間をきちんと守るか

リフォーム工事は家に住みながら施工が行われます。

工事が始まれば、担当者や職人がほぼ毎日あなたの家に通って来ます。

その際に、時間を守らない人達だったらどうでしょうか?

 

あなたの家の日々のスケジュールにも影響するかもしれませんし、初めに提示された工期すら予定通りに終わるのか不安になってきます。

会社の顔でもある営業担当者が時間をきちんと守るか、万が一遅れる場合でも事前に連絡をくれるかどうか、しっかりと見ておきましょう。

 

 

見積もり、契約、工事、近隣への配慮から保証まで確実に説明してくれるか

口約束はトラブルの素です。

確実に書式化しておきましょう。

必ず、知識のあるスタッフが現場の調査を行った上で見積もりを出してくれる業者を選びましょう。

 

値引きに関しても必要な部分を安易に削っていないか、工事に使う塗料の質や工法、期間などは大丈夫かなど、細かく確認しましょう。

完工後、万が一不手際などが見つかった場合の対応や費用の負担なども、文書化しておきましょう。

 

 

まとめ

リフォーム営業は「会社の顔」としてあなたの前に立っています。

その人を信頼できなければ、その会社を信頼できません。

結局は「人と人」という部分が一番重要になってくるのではないでしょうか。

 

責任を持って対応してくれる人に出会うことが、リフォームの成功に大きな影響を与える事を覚えておきましょう。

関連記事

  1. 契約前にちょっと待った。注意ポイント

  2. 塗料や色選びに困ったら専門家の意見を聞こう

  3. 外壁塗装を失敗しないために!どんな仕事か確認しよう

  4. 外壁塗装の業者によって違いすぎる価格

  5. 保証期間はどのくらい?

  6. 見積でチェックするポイント